加齢黄斑変性症(かれいおうはんへんせいしょう)は、網膜(カメラのフィルムに相当する組織)の中心に位置する黄斑には、見るための重要な細胞が集中しています。 その大切な黄斑に老化に伴った変化、例えば異常な血管(新生血管の発生)・出血などが起こり、次第に見えにくくなる病気です。
加齢に伴って起こり、特に60歳以上の男性に多くみられます。早い方では40代でも発症します。 また喫煙者に多いことも報告されています。
症状は網膜の中心部が傷害されますので、まず見ようとするところが見えにくくなります。

最初は物がゆがんだり小さく見えたり暗く見えたりします。また急に視力が低下する場合もあります。 黄斑に病気が限局していれば通常見えない部分は中心部だけですが、大きな網膜剥離や出血が続けばさらに広い範囲で見えにくくなります。

治療法は病気の進行度や重症度によって異なります。出血の予防のために止血剤を用いたり、 加齢黄斑変性になりやすい人では発病予防のためにサプリメントを摂取するのが有効だという報告があります
新生血管が黄斑外にあればレーザー光凝固を行います。黄斑に新生血管が及んでいる場合には、 新生血管を抑制する薬を眼内に注射したり、光線力学的療法が行われます。
加齢黄斑変性から視力を守るには早期発見・早期治療が重要です。早期発見できれば有効な治療が行われ、視機能を維持させることが可能になってきています。

もし、物がゆがんで見えたりしたら、ご相談下さい。
また、自覚症状がない人でも、眼底に加齢黄斑変性になりやすい所見を観察することがありますので、50歳以上の方は一度、眼底検査をすることをお勧めします。